ライフシントロピーに関する解説一覧です。

ノーム・チョムスキー

ノーム・チョムスキー

現代言語学の父

ダウンロード (20)

アメリカ合衆国の哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。
彼はマサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の研究所教授 兼名誉教授です。
彼の業績は言語学分野にとどまらず、戦争・政治・マスメディアなどに関する100冊以上の著作を発表しています。

チョムスキーは、人間という種が生まれながらに言語を話せる能力(文法能力)を持っているという考えを持っていました。なぜなら赤ちゃんは、極めて曖昧で粗雑な両親の話し言葉からでも、正しく文法にそった発話ができるようになるからです。

例えば日本人の赤ちゃんは日本語を、アメリカ人の赤ちゃんは英語を、フランス人の赤ちゃんはフランス語を話せます。それは、<普遍文法>という、生まれつき身につけてる「文法の普遍的な形」にそって、両親の言葉を耳にしていくからこそ、可能になるのだとしています。

このような考えを含んだものを、生成文法と呼びます。

ライフシントロピーに与えた影響

チョムスキーの生成文法からは、表層構造と深層構造など、NLPやライフクエストでは欠かせない概念が生まれました。チョムスキー自身は表層構造と深層構造をさらにシンプルにしたミニマリスト・プログラムへと進んでいき、「自然は完璧で、簡潔で、無駄なものは何も創らない」というコンセプトでさらなる研究を続けていきました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional