ライフシントロピーに関する解説一覧です。

グレゴリー・ベイトソン

グレゴリー・ベイトソン

文化人類学者であり、異なる分野を横断的に研究した知の巨人

ダウンロード (13)

彼の研究分野は多岐に渡っています。メタローグ、文化と形式、ダブルバインド理論、
サイバネティックス、クジラ目と他の哺乳動物のコミュニケーションの問題、生命と認識、文明と健康。
彼は宇宙の秩序とパターンの解明に通じる研究に、果敢に取り組んできました。

ベイトソン自身は次のように述べています。「私が関わってきたような研究は、研究が進んだ事の結果として、初めて何を研究しているのかが解るという手合いのものなのだろう。」

NLP創始者のリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーの二人も、ベイトソンの影響を大きく受けています。二人が研究で関わっていたフィリッツ・パールズが死去したのち、ベイトソンはミルトン・エリクソンを紹介しました。この出逢いも大きくNLPの発展に大きく関係しています。
こうして、彼の研究した様々な成果は、現代の心理療法にも影響を与えています。

ライフシントロピーに与えた影響

ベイトソンの学習理論は、人生の危機をギフトに変容させていく
ライフシントロピーの哲学へと受け継がれています。







最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional